『ユニフォ』
ユニフォーム コート マーキング サイズ表 カタログ シミュレーション 問合・手続き 会社情報
 

はじめての野球ユニフォーム作り
〜スピリットをかたちにする〜



  2013年12月17日(火曜日)
「大文字だけの時も先頭を大きく」

 
胸マークの書体によっては、すべて大文字でデザインする場合があります。「Powers」ではなく「POWERS」といった具合です。大文字の羅列というのは実は判読性が落ちます。小文字混じり、正確には先頭文字が大きい方が読みやすいのです。イメージとしては「OOOOO」よりも「Ooooo」の方が読みやすいということです。1つ1つの文字の大きさがそろっているよりも、出っ張りのある方がいい。そこが単語の先頭だなと分かり、すっと読み始めて、文字が頭に入ってくるというわけです。
日本語の場合も同様です。「あああああ」よりも「あぁぁぁぁ」の方が読みやすい。ただし、小さくするのは、英語の時よりも控えめな方がいいです。「さつ」と「さっ」では日本語の場合、言葉の意味そのものがちがってきています。
 
 

2013年12月12日(木曜日)
「赤系と青系と白黒系」

 
カラーは大きく分けると、赤系と青系と白黒系に分けることができます。オレンジは赤系、グリーンは青系、グレーは白黒系です。
赤系と青系の組み合わせは、反対色の関係に近いので、強烈ないし奇抜な印象となります。赤系と白黒系の組み合わせよりも激しいです。たとえばレッド*ブルーの野球ユニフォームと、レッド*ブラックの野球ユニフォーム。おそらく前者の方がより鮮烈なデザインと映ります。
青系と白黒系の組み合わせは、落ち着いたデザインとなりますが、この組み合わせ自体があまり採用されません。ネイビー*ブラックをチームカラーに持つユニフォームというのはほとんど見かけません。ブルー*ブラックは十分あり得るデザインですが、これも全体の傾向からすると極めて少ないです。
同系色でまとめきるという傾向も少ないです。たとえば、レッド*オレンジのチームカラーはほとんど見かけませんし、ネイビー*ブルーのチームもそうです。ブラック*グレー、ブラック*ホワイトとなると幾らか割合が増してきます。同系色でまとめた方が、品が良い印象になります。デザインの王道の1つですが、野球ユニフォームでは品の良さよりも力強さ、激しさの方が好まれる傾向があります。
 
 

2013年12月10日(火曜日)
「頭の中のイメージ」

 
作りたい野球ユニフォームがあって、それを明確に図形・画像として頭の中にイメージできる人は稀です。なんとなく、こういったデザインのユニフォームを作りたいと思っていても、なかなか言葉にできなかったり、あるいは似たようなユニフォームモデルを挙げても、どこかちがったりします。
でも、この現象は野球ユニフォームだけではありません。たとえば理想の自宅を建てたいとして、それを明確にイメージできる人がどれほどいるでしょうか。モデルハウスを見ても、自分のイメージとぴったりだったという人はあまりいないでしょう。ユーザから漠然としたものでも希望を聞き出し、それを形にするのが建築設計士です。ですが、その設計士が作った図面あるいは出来上がった家でさえ、ユーザの理想と完全に一致することはありません。
ユーザの中にあるイメージというのは、漠としたものであるので、打ち合わせをする中でなにかに影響を受けて変わっていっている可能性、より良いものを求める指向性によって変わっていっている可能性があります。
それに対して、目で見えるデザインというのは、その時に固定したものです。いつもどこかでわずかながらでもイメージからは離れている、遅れています。設計する側からしても、もっと上手く作ることができるのに、といったもどかしさとなって残る場合も少なくないでしょう。
 
 

2013年12月6日(金曜日)
「変わらぬらしさ」

 
たとえばアメリカンフットボールでは、力強い配色、極太で角張ったマークロゴが多く見られます。このスポーツにはパワフルな要素が求められ、それが自然とユニフォームにも反映されています。もし野球ユニフォームで言うところのシャープなデザインが持ち込まれたなら、アメリカンフットボールでは「なんて弱々しい、まるでチアガールのデザインじゃないか」とさえ思われるかもしれません。
それらしい、というのは人の見方をしばります。良くも悪くも。そしてなかなか変わらない。1+1は2で、その中において1のもつ力は50%です。ですが9+1は合わせて10。10の中にもつ1の力は10%に過ぎません。
野球ユニフォームらしい、我がチームらしい、というのはすでに99点集まったものです。そこに新しい何かを付け加えても1%の影響・共感しかないでしょう。大胆な変更あるいは斬新な改革は、反発と断絶を呼んでしまうかもしれません。もし多くのメンバーに受け入れられつつ変えたならば、すこしずつ。
 
 

2013年12月4日(水曜日)
「左右非対称の美」

 
左右がきっちり対称であることに、多くの人は美しさを感じます。それと同時に、左右の対称性が崩れて非対称であることにも美しさを感じます。けれど、それは対称性が崩れて成立する美しさです。たんにバラバラの秩序(無秩序)が美しいわけではありません。
野球ユニフォームで言うと、たとえばシャツの多くは左右対称です。しかし左肩だけ別の色になっているシャツも存在します。これはこれでかっこいい。けれど、そのかっこよさは、一般にシャツが左右対称であることによって、それを意図的に崩した中で現れるかっこよさと言えます。左右非対称のシャツのかっこよさをより引き立てたいならば、マークやその他はできるだけ左右対称にして、シャツの非対称性が際立つようにするのも手法です。
【履歴】
2013年1〜12月(20)
2012年1〜12月(13)
2011年1〜12月(17)
2010年5〜12月(12)
2010年4月(14)
2010年3月(21)
2010年2月(15)
2010年1月(16)
2009年12月(15)
2009年11月(18)
2009年10月(21)
2009年9月(19)
2009年8月(17)
2009年7月(21)
2009年6月(22)
2009年5月(18)
2009年4月(22)
2009年3月(20)
2009年2月(19)
2009年1月(19)
2008年12月(17)
2008年11月(18)
2008年10月(21)
2008年9月(20)
2008年8月(17)
2008年7月(21)
2008年6月(21)
2008年5月(20)
2008年4月(21)
2008年3月(20)
2008年2月(20)
2008年1月(18)
2007年12月(18)
 
【テーマ別】
コンセプト(23)
オリジナリティ(12)
チーム名(5)
チームカラー(27)
カラー全般(38)
スタイル(31)
制作全体(31)
納期(12)
チーム会合(22)
展望(33)
会社チーム(9)
心構え(98)
雑感(10)
金額(25)
シャツ(36)
パンツ(11)
キャップ(18)
ライン加工(13)
サイズ(8)
ウェア全般(22)
ロゴマーク(28)
背番号(14)
袖マーク、ワッペン(15)
背ネーム(5)
マーク全般(18)
タイポグラフィ(12)
マーク加工技術(8)
コート(24)

    このコーナについて
  • 2007年12月スタート。2010年5月以降は不定期更新です。
  • 幸か不幸か(笑)、野球ユニフォーム作りを担当することになった幹事様向け!
  • 野球ユニフォームを「一から学びたい」「こだわって作りたい」といった思いに立って、基本のポイントを考えてゆきます!
  • 今後、似たようなテーマやポイントが視点を変えて取り上げられることもあると思いますが、それだけ大事だと思ってください。スタッフもまだまだ勉強中です!
  • 文章のみで構成し、イラストや写真は意図的に使いません。頭のなかでイメージを描きつつ読み進めてみてください。
  • 抽象的なお話も少なくありません。具体的なお話を希望の方は今スグお問合・ご相談ください!
  • 記載内容についてご質問がございましたらメールでお願いいたします。

 
 
トップページ   >   サポート・手続き   >   はじめての野球ユニフォーム作り



販売条件やご注意点
Copyright (C) 2001-2013 unifo corporation All rights reserved